読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

( ꒪⌓꒪) ゆるよろ日記

( ゚∀゚)o彡°オパーイ!オパーイ! ( ;゚皿゚)ノシΣ フィンギィィーーッ!!!

Scala勉強会@関東#2でLiftについて発表してきたんだぜ?

scala lift

はい、というわけで。
Scala-ja - Scala勉強会@関東-2でLiftについて発表してきましたよ。

Scala勉強会@関東-2 終了 - Scalaとか構文解析についてあれこれ書く日記


発表資料はこちら。

まず、発表する段階でPCセットアップしようとして、VGAアダプタを忘れてくるという醜態をさらす。
結局、発表順を入れ替えてもらってSofmapに買いに走るというダメっぷりをキメた!!


あと、Wiiリモコンでプレゼンをやってみよう!と思ったが、当日はWiiリモコンを認識してくれなくてあきらめた。
発表の方も、Mavanコマンドに失敗したりでうまくいかないところが多かった。
時間も足りなくて最後までやれなかったし。
反省点は多いぞ。


まぁいろいろダメだったけど、発表してよかった。


で、作る予定だったLiftで実装したTropyクローンは、Githubにあげておきます。
興味のある人は触ってみたり、もっとScala的に書き直したりしてみてくれると幸せになれます(オレが)。
liftropy/target at master · yuroyoro/liftropy · GitHub


全体的な感想。

  • 何となくアカデミックな雰囲気(場所が東大の研究室だったから?)
  • Haskellとかの前提知識が不足してた。もっと勉強が必要だオレは。
  • Hands onみたいに、みんなでコード書いてみよう的なイベントがあるとおもしろいかも?
  • 内容的にかなり濃い感じ。だがそれがいい。
  • 懇親会でのアツさ。ってかC++0x?

参加された皆さん、お疲れ様でした!

Memo

■Scalaチュートリアル
2.7.2 
 scalaのGenericがjavaから見えるようになった
 Javaとの相互依存したプログラムがコンパイル可能
 
 if else → elseを核と値を返す ?みたいな
 書かない場合はUnit型の値が帰る
 
 forでコレクション要素について繰り返し
 forで配列やリストなどを生成できる for(x <- 1 to 50;y <- 1 to 50 if y == x * x ) yield( x,y)
   実はmap,flatpap,filterのメソッド呼び出しへのsyntax sugar
 whileはforよりも冗長だけど高速
 
 高階関数
  foldLeft 関数を引数にとる関数
  
  def open(path:String)(block:InputStream => Unit){
    var in =new FileInputStream(path)
	try{block(in)}finally{in.close}
  }
  引数なしメソッドの呼び出しで()は諸略できる
  
  クラス定義
   クラス名に続けてコンストラクタ引数を定義
    valをつけると外部から読み取り可能
	引数のスコープはクラス定義全体
  演算子は通常のメソッドとして定義
  def thisを定義するとコンストラクタをOverloadする
  
  trait
   インスタンス生成できない。多重継承。ようはMixin。RubyのModuleなど。
  
  object - Singletonを作る。クラスと同様superclassを指定できる。
  
  implicit conversion
    暗黙の型変換 
	implicit def int2Dtring( i :Int):String =i.toString
	Int型に存在しないメソッドの呼び出しを検出
	 →Stringへの暗黙の変換をコンパイルが試みる
	危険な変換を定義しないようにするのは自己責任( String2Intなど)
	
	class RangeExt( range:Range){
	  def exclude(elem :Int )=range.filter(e => e!= elem)
	}
    implicit def range2RangeExt( f :Range) :RangeExt = new RangeExt(r)
    
	既存のクラスにメソッドを追加するなどで使われる
	
  パターンマッチング
    式 match { case パターン => ....}
	switch分をより強力に
	
	パターンにマッチした値を変数に束縛可能
	構造を持つデータをパターンマッチに使える collectionなど
	 case Array
  Case Class -パターンマッチに使える MLとかのalgebraic datatype
  
  Extractor
   既存の型に新しいパターンを定義する機能
   unapplyメソッドで動作を定義する
  
  Structural type
   静的に型チェックされるduck typing
   特定のシグニチャのメソッドをもっているかのみがチェックされる
   
   def printName(x:{def name():String}) =println(x.name)
   
  Lazy value 
   部分的な遅延評価
   lazy val x =println("x")
   一度評価された値は再計算されない
   
  Partial function
   引数から値を計算できるを isDefinedAtによって関数を実行することなく得られる
   Actorライブラリ等で活用
   
   lazy val fib :PartialFunction[iInt:Int] ={
    case 0 |1 =>1
	case 
   パターンだけを評価できる
  
  XMLリテラル
   XMLの構造に対するパターンマッチング
   XMLノードの走査が楽に
   
   list match{
    case <ul>{items@_*}</ul> =>item.foreach
	
  Generics val x:Array{String] = Array("A","B","C")
   クラス名の後に[型パラメータ]
   型パラメータは普通の型で扱える
  
  implicit parameter
   引数にimplicitを付加
    呼び出し側のスコープでimplicitな値が定義されていれば明示的に渡さなくても良い
	implicit object 
	
	ScalaCheckでよく使われる
  
  Existential type
   Array[String]はArray[AnyRef]のサブタイプではない
   Array[T} forSom {type T}
    任意の型の配列のスーパータイプ
	書き込み不可

■ASN.1ライブラリをScalaでDSL風に(tmiyaさん)
 肝心な本編が聞けなかったorz
 
 ライブラリの作り方
   各*.scalaファイルをobject Foobli{}で囲む
   使うコード側でImport
   
 Enumの作り方
  scalaのEnumはなんか使いにくい
  自分でobject作った方がいい
 
 Patternマッチ便利すぐる
  value objectはcase classにしておく
  
 Option[T]は便利
  何もない場合nullではんく Some(t)とNoneで場合分け
  HaskellのMaybe monad.どこかで
 
 implicit conversionは便利
  既存クラスにメソッドを追加したい場合
  
■Parser Combinator
 yaccやJavaCC
 
 scala.uti.parsing.combinator
  基本的なパッケージ
 scala.uti.parsing.combinator.lexical
  字句解析
 scala.uti.parsing.combinator.syntacical
  便利に使うためのパッケージ
 
 ()の対応をチェックするパーザ
 
 Parsar[T]
  基本クラス Parsarを組み合わせる
  extends (Reader) => Parsers.ParseResult[T]
  ストリームを受け取り解析結果を返す関数
  Reader[T] :T型のストリーム
   副作用はなし
   一種の無限リスト
  Parsers.ParseResult[T]
   success[T](result : T, next :Reader)
  
  Parsers{type Elem}
   このクラスを継承し、サブクラスで文法を定義する
  Elem : 入力列
  
  
   elem(e:Elem)
    eにマッチするかを検査するパーザを生成
	implicit conversionによてElem → Parser[Elem]の変換が定義されてるので通常使わない
   
   p ~ q 
    パーザを連結
   
   p | q
    パーザの順序付き選択
	まず最初にpがマッチするか試し,pが失敗した場合のみバックトラックしてqを試す。
	
   p ||| q
    順序なし選択。両方マッチし、より長い文字列にマッチした方が解析結果となる
	
   p *
    pの0回以上の繰り返し
  
   p ^^ f 
    pが成功したときに関数fを実行
	 p:Parser[T]
	 f:T=>V
	 p ^^ f ::Parser[V]
   
  StanderdTokenParsersがよろしくやってくれる
   入力をTokenとして扱ってくれる
   空白の読み飛ばし
   予約語
   
  JSONパーザ
    Lexer( scala.util.parsing.json.Lexer)
	
■ScalaCheck
 自動UnitTestツール
 
 propertyによる振る舞いの定義
 テストデータの自動生成
 失敗するケースの最小値の探索
 
 sbazを使ってインストール
  2.7.2 finalではバイナリはどうさせず
  svnからソース落としてant jar
  
 property((a:A1,b:A2,...) =>booleanである型が満たす性質を記述する
 prop#checkでテストする
 
 Property テスト可能な基本単位
 orc.scalacheck.Propのインスタンス
 
 生成する型の判定  - implicit parameter
   基本的な型のみ 
   たとえば自分で作ったクラスとかはimplicit objectであらかじめ宣言しておく