読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

( ꒪⌓꒪) ゆるよろ日記

( ゚∀゚)o彡°オパーイ!オパーイ! ( ;゚皿゚)ノシΣ フィンギィィーーッ!!!

プログラミング言語の超能力度

ネタ
超能力者(レベル5)
単独でGoogleと戦える程の力
大能力者(レベル4)
プロジェクトにおいて戦術的価値を得られる程のニンジャ力
強能力者(レベル3)
日常業務において活用可能で、便利に使われてしまう力
異能力者(レベル2)
低能力者(レベル1)とほとんど変わらない程度の力
低能力者(レベル1)
Hello,Worldを出力できる程度の業務ではなんの役にも立たない力
無能力者(レベル0)
測定不能や意味の分からないコードを書いたりする迷惑な力

(via wikipedia:とある魔術の禁書目録 )


ちなみに俺は、リファレンス(オンライン含む)が無いとどの言語も書けない異能力者(レベル2)です…。


元ネタ:

プログラミングスキル/経験が分かる資料(形式自由)
プログラミング言語経験を列挙する場合、以下の指標を資料内に併記してください
付記例) Perl (5), Python (4), C (3), C++ (2)

レベル5
マスターレベル。拡張ライブラリを記述できるだけでなく、言語の内部仕様、処理系の実装等についても明るい
レベル4
問題なく日常的に利用できるレベル。言語を使うだけでなく、その言語のライブラリを作ったり、フレームワークを作ることもできる
レベル3
リファレンスがなくても任意の処理が記述できるレベル
レベル2
リファレンス本があれば利用できるレベル
レベル1
授業などで触れたことがある程度。日常的に利用できるわけではない
http://www.hatena.ne.jp/company/intern2010/


マジメな話はこちらで。
プログラミング言語の習熟度 - Life like a clown