読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

( ꒪⌓꒪) ゆるよろ日記

( ゚∀゚)o彡°オパーイ!オパーイ! ( ;゚皿゚)ノシΣ フィンギィィーーッ!!!

設計を型にエンコードするということ

ポエム

動的型付け vs 静的型漬けのアレでもんにょりしてたのをついったーに放出して会話してたらなんとなく自分なりの考えがまとまったので貼っておく。



まとめると

  • コンパイラがテストしてくれるように型を書きたい
  • 型に対して、データ型のラベル以上の意味(設計の意図とか)を持たせたい
  • そうすると、自分以外の人が自分が書いたコードを使うときに、正しい使い方を自分やドキュメントに代わって、コンパイラが教えてくれるようになる
  • そういうことが簡単にできるように言語とか進化するといいよね


現実的になんでもかんでもコンパイラにやらせようとすると難しいところもあると思う。
「アカデミックだ」「現場では使えない」とか単に否定するのは簡単だ。
静的な型漬けの言語でコード書いたからって、上記のようにすべてのロジックを型レベルにエンコードすることなど不可能だし、制約が強すぎると感じるかも知れないし、この制約が逆に足かせになる性質のプロダクトがあることもわかっている。


でも、型推論とかGenericsとかは、アカデミックな研究と実用のニーズが相まって、
現実のプログラミング言語に取り入れられつつあるし、
静的な型漬けを好む人達が見据えているプログラミング言語の進化の方向性として、こういう考え方がありますよ、って知って欲しい。