読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

( ꒪⌓꒪) ゆるよろ日記

( ゚∀゚)o彡°オパーイ!オパーイ! ( ;゚皿゚)ノシΣ フィンギィィーーッ!!!

java-ja.dddの最後の「関数型言語Dis(?)」について

java-ja.ddd - connpass
2013/03/22 java-ja.ddd #java_ja #java_ja_ddd - Togetter


java-ja.ddd面白かったです。色々と得るものがありました。発表者の方々、有り難うございました。
会場を提供して頂いたGREEさんありがとう。運営のみなさまお疲れ様。


で、一番最後に、「関数型言語をDisって逃げる」ということで発表者の一人である増田亨さんがごく短い時間お話しされました。
その内容があまりにも自分にとって納得しかねるものだったので、ブログにアウトプットします。


関数型言語Dis」の中で、増田さんがされた主張は以下2点です。

関数型言語が、どの言語を指しているのかがまず不明ですが、そこは置いておいて。


まず一点目、「関数型言語ユーザーは業務の話ができない」について。


関数型言語ユーザー全員を指して、「業務の話ができない」という主張の根拠はそもそもどこにあるのでしょうか?
逆に「オブジェクト指向言語のユーザーは全員が業務についても堪能である」と一般化して主張してもよいのですか?
また、話の中で「関数型言語使いが書いた素晴らしいロジックを見たことがある」ともおっしゃっており、主張が一貫していません。


たまたま増田さんの周りの関数型言語ユーザーが業務について(そもそも業務ってなによ?ってのもあるけど)話ができないとしても、それを一般化して主張することの是非については、論ずるまでもないと思われます。


次に、「関数型言語は記号を多用しすぎる」について。


これについては、記号を多用することの弊害について踏み込んで語られておらず、単に「記号使いすぎるからねーハハハ」で終わっていて、「ああ、この人は記号が嫌いなんだな」ということは理解できても、そもそも関数型言語に対するDisにすらなっていないのが残念です。


記号を多用する言語(おそらくHaskellScalaあたりの言語を指していると思われる)のユーザーにとっては、
記号で記述した方が自然で、同じ言語ユーザーに対してコードの意図を示しやすいことがあるという一面があります。


論理演算子(&&や||)は記号ですが、それを指して「記号だからダメだ!andとかorとかで書け!」という主張をする人は稀でしょう。
にも関わらず、関数型言語を使わない人がその記号の使い方について問題を感じるとしたら、そのような感覚を身につけているユーザーの母数が少ないとか、初学者に対して敷居が高いとか、ググラビリティが低いとかいう指摘になるでしょう。そこまでつっこんで話を聞くことができれば良かったのですが。


ともかく、短い時間でのお話で、議論にまで昇華できなかったのが残念でなりません。
機会があれば、双方の主張を議論しあえる場で、非関数型言語ユーザーから見た現状の関数型言語に対する問題点を提示して頂ければ、と思います。