読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

( ꒪⌓꒪) ゆるよろ日記

( ゚∀゚)o彡°オパーイ!オパーイ! ( ;゚皿゚)ノシΣ フィンギィィーーッ!!!

社蓄度ロール(SHAチェック)

社蓄度

どれだけ勤めている会社(営利企業)に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化しているかを指す。
この数値は労働基準法違反な事柄やブラック企業的事象に遭遇してしまうことで増加する。ただし、社蓄度ロール(SHAチェック)に成功すればその増加量は大幅に低減できる。


SHA値といわれているが、「社蓄度」が正しい。
社蓄度のスタート値は(100- POW(=Power,精神力)×5)。
最大社蓄度ポイントは「99-〈ブラック企業知識〉」で、〈ブラック企業〉についてよく知っているほど社蓄度の最大値は下がっていく。

SHAチェック

1d100(100面ダイス)で社蓄度以上を出す。成功すればだいたい社蓄度は増えない(増えることもある)。
SHAチェックは、超過勤務・休日出勤・理不尽なパワハラなどに直面した際に実施する。
社蓄度が増加するほど成功率は下がり、疑問を持たなくなっていく。

狂気

「一時的な狂気」と「不定の狂気」がある。


「一時的な狂気」は5ポイント以上の社蓄度を一度に獲得し、かつ〈アイデア〉ロール(別名:「怖い考えになってしまった」ロール)に成功したときに発生する。
〈アイデア〉ロールはINT(Inteligence,知性)×5で判定。頭がよいほど「真実」に気づき狂いやすいことになる。
失神する、金切り声をあげる、赤ん坊のようにヨダレを垂らしながらキーキー声をあげる、けいれんするなど。


「不定の狂気」は、社蓄度が100に達するか、1ゲーム時間内に現在の(100 - 社蓄度)の20%を超える社蓄度を獲得したときに発生する。
社蓄度が増えれば増えるほど発生しやすくなる。
一般的な不定の狂気には「緊張症・痴ほう症」「記憶喪失」「偏執症(パラノイア)」「恐怖症またはフェティッシュ」「強迫観念、中毒、けいれん発作」「誇大妄想」「精神分裂症」「犯罪性精神異常」「多重人格」などがある。

参考